スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青年漫画の教祖「永島慎二」

永島慎二肖像写真
永島 慎二(ながしま しんじ、1937年7月8日 - 2005年6月10日)は、
日本の漫画家。本名は永島 眞一(または真一、ながしま しんいち)。
東京都出身。本名は、眞一だが、出版社のミスで慎二となり
その後は慎二を使用。


中学生時代から漫画家になることを決意し、中学校中退後、新聞配達や豆腐売り
の仕事をしながら漫画を描き、1952年、『さんしょのピリちゃん』で漫画家デビュー
『トキワ荘』に出入りするようになり手塚治虫の面識を得て、手塚のアシスタント
となる。のち、独立して杉村篤(当時の筆名はコンタロー)、石川球太、深井国
(当時の筆名は深井ヒロー)らと「むさしのプロダクション」を結成。
その後、同じ国分寺に住まっていた、辰巳ヨシヒロ、さいとう・たかをや「劇画工房」
のメンバーと交際。「劇画工房」分裂後は「さいとうプロダクション」に入社し、
絵柄が劇画風に変わる。また、新宿でフーテン生活を経験。
1961年に発表した『漫画家残酷物語』は、漫画業界の裏側に迫った作品で、永島の
出世作となった。COMやガロなどの漫画誌に数々の作品を発表し、独特の画風で
“青年漫画の教祖”と呼ばれるようになった。また、1964年から1966年までは
虫プロダクションに所属しており、テレビアニメ『ジャングル大帝』などで主に
演出を担当した。
1972年、『花いちもんめ』ほかにより、第17回(昭和47年度)小学館漫画賞受賞。
1974年、『漫画のおべんとう箱』により、第3回(昭和49年度)日本漫画家協会賞
優秀賞受賞。80年代以降、漫画家としては半隠居状態だった。
2005年6月10日、慢性心不全のため死去。享年67。長年糖尿病を患っていて、
00年からは人工透析を受けていた。
ーウィキヘディアよりー

虫プロ商事発行の月刊誌「COM」で彼の「フーテン」と言う作品に出会い衝撃を受ける。
今までに見たことがないペンタッチと独自の世界観に引き込まれた。
高3の時、卒業文集の表紙絵を担任の教師より描いてみないかと言われた。
この時描いたのが彼の漫画に頻繁使われる群集場面だ。
これを見たクラスの皆にひゃかされた。
群集場面の中に引き離された若い男女が見つめ合っている姿が描かれていたからだ。
これはいとして描いたものではなく、偶然にそのような感じになったものだが・・・。

「漫画家残酷物語」は全4巻ですが4巻が手元にありませんので3巻までの表紙
カバーを掲載してます。

昭和42年8月21日初版発行 朝日ソノラマ発行suncomics¥220円
永島慎二-1

昭和42年11月10日初版発行 朝日ソノラマ発行suncomics¥240円
永島慎二-2

昭和43年4月1日初版発行 朝日ソノラマ発行suncomics¥240円
永島慎二-3

彼の漫画にはこのような群集場面(モブシーン)がよく使われる。
昭和42年12月18日初版発行 朝日ソノラマ発行suncomics¥240円
永島慎二-5

月間漫画「ガロ」1969年7月増刊号「永島慎二特集』青林堂 ¥200円
20110718180529a85_convert_20130413131537_convert_20130413132454.jpg

復刻版「漫画化残酷物語」完全版 出版社:ジャィブ 半型:A5判 ¥998円(税込)
20110719141214289_convert_20130413131938.jpg

漫画化残酷物語-3

スポンサーサイト

テーマ その他
ジャンル | その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shizuku883

Author:shizuku883
「哲ちゃんの気まぐれART」にようこそ!!
オリジナルイラストや好きな音楽PV等UPしてます。
コメントなどいただけたら嬉しいです。

最新記事
お友達リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。