スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才!岡田史子(漫画家)

史子の肖像
岡田史子  本名・高田富美、1949年7月23日 - 2005年4月3日)は、
北海道静内町(現・新ひだか町)出身の漫画家。
詩的な作風の漫画を多く発表した

永島慎二、西谷祥子の元で一時アシスタントをした後、 1967年に手塚治虫主宰の
月刊漫画雑誌「COM」2月号で『太陽と骸骨のような少年』を発表し、商業誌デビュー。
1960年代後半、「COM」を中心に活躍した。1990年以降は漫画家としての活動はしていない。
寡作ながらその抽象的・難解ながら詩的で繊細な漫画は読む者を強く惹きつけた。
一作描くと同じ絵柄に飽きてしまうらしく、一作ごとに絵柄が異なる。
「COM」でしばらく作品を発表していたが、ある日ふいに筆を折って地元の北海道に帰り結婚。
その後漫画家としての活動はしていなかったが、彼女の熱狂的なファンである
萩尾望都の熱望により再度筆を取る。
しかし、「もうあの頃のような作品は描けない」と自ら再び作家活動を断念、
その後再び筆を取ることはなかった。2005年に永眠。(ウィキヘディアより)

1967年月刊誌「COM」に「太陽と骸骨のような少年」でデビュー。
彼女の作品を見て衝撃をうけた。
明らかに今までの少女漫画とは一線をおき、文学的なストーリーで叙情的な絵であった。
一コマ一コマが美しく、魅力的で感動し、心を奪われた。
今、改めて考えると僕より1才年上なだけだ。
僕は怠け者なのでいまだにレベルの低い絵しか描けないのに、彼女は高二の時には
もうデビューしてたわけだ。
萩尾望都は彼女のことを「天才」と称し、死後は「片思いの恋人」と言っている。
ここに掲載した漫画は僕のスクラップブックに貼り付けられていたものです。

201107162224302b3_20130414211516.jpg

2011071622251693d_20130414211522.jpg

20110716222544d6f_20130414211510.jpg

20110716222613265_20130414211532.jpg

20110716222823b1b_20130414211513.jpg

201107162229175c8_20130414211518.jpg

史子コミックス
「ODESSEY 1966~2003」岡田史子作品集episode1「ガラス玉」
 岡田史子・著 青島広志・監修 高野文子・序文・オビ文                                              飛鳥新社刊 1400円+税
「ODESSEY 1966~2003」岡田史子作品集episode2「ピグマリオン」
                         飛鳥新社刊 1600円+税

スポンサーサイト

テーマ その他
ジャンル | その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shizuku883

Author:shizuku883
「哲ちゃんの気まぐれART」にようこそ!!
オリジナルイラストや好きな音楽PV等UPしてます。
コメントなどいただけたら嬉しいです。

最新記事
お友達リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。